人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ホーネット250とMR2(SW20)に乗っています。最近はMR2ばっかりです、悪しからず・・・。
by atiks
注意事項
このブログで紹介していることを試される方は自己責任でお願いします。
不適切な内容と判断したコメント等は削除いたします。
目次
リンク
みんカラ
【アネシスの記事はこちら】
広告

さよなら、MR2
さよなら、MR2_c0118867_2045119.jpg
 とうとうMR2とお別れする時が来ました。
 結局クラッチの故障で、修理することをあきらめ手放すことにしました。
 クラッチだけでなく、オイル漏れから始まり、タービンからの異音、エアコンからの異音、サスペンションの劣化などなど、製造から20年経ち至る所が傷んできました。
 総走行距離は239309km。30万キロには届きませんでしたが、今までよく頑張ってくれました。

 ありがとう、そして、さようならMR2。

 新しいオーナーの元では部品取りになるそうなので、有効に使ってもらえることを祈っています。
 また、MR2を手放したことで一つの区切りとし、このブログも閉鎖しようと思います。
 閉鎖と言っても、せっかくなのでこのまま放置します。運営の都合などで勝手に削除されない限りは残っているハズです。

 では、しばらく更新もしておらず、すでに閲覧者も居なくなったような気がしないでもないですが、みなさんお元気でノシ

# by atiks | 2015-03-03 20:54 | MR2〔いろいろ〕
クラッチマスターシリンダーのオーバーホール 239309km
 ミッションの入りが悪いと嘆いていたんですが、どうやら真犯人はクラッチの様子(>_<)
 走行中、ギヤを入れたままクラッチを踏むとエンジン回転数がアイドルまで下がらず、1000rpmくらいを行ったり来たり。
 そいえば冷静に考えたら、サーキット走行で使用していない1速の抜けが硬かったような(^^;;)

 ということで、クラッチが完全に切れず引きずっているということで、勘でマスターシリンダーだろうと判断し、オーバーホールを実施しました。
 結論から言うと、アッシーで交換したほうが簡単で確実です。問題はお値段f(^^;)

クラッチマスターシリンダーのオーバーホール 239309km_c0118867_21184981.jpg
 オーバーホールキットというものがあるので、ディーラーで購入しました。ピストンとその他必要部品が入っています。

クラッチマスターシリンダーのオーバーホール 239309km_c0118867_21181481.jpg
 まず車内から作業します。
 クラッチペダルの根元に繋がっているロッドがマスターシリンダーへ繋がっています。
 根元にあるクリップを外し、ロッドが外れるようにします。
 ロッドが出ているところのさらに奥にマスターシリンダーを固定しているナットがあるので、それを外します。

クラッチマスターシリンダーのオーバーホール 239309km_c0118867_21182874.jpg
 すでに交換した後ですが気にしないw
 マスターシリンダーの左下に固定しているボルトがあるので外します。
 そしてマスターシリンダーに接続されている配管のユニオンを外します。
 もちろん、このユニオンを外すとフルードが漏れるので、あらかじめウエスなどで養生しておきます。
 また、リザーバタンクに入っているフルードを抜いておくとこぼれる心配がなくなります。

クラッチマスターシリンダーのオーバーホール 239309km_c0118867_21183510.jpg
 ユニオンを外したら手前に引っ張るとマスターシリンダーが外れます。
 タンクの中は真っ黒ですf(^^;)
 左側のロッドが差さっているところがありますが、ここはクラッチの遊びや踏み代を調整しているところなので、外すときは何回転させたかを覚えておきます。
 まずタンクを外すために根元のピンを打ち抜きます。写真で凄く錆びているところです(((゜□゜)))
 で、そのピンが錆び付いて打ち抜けなかったので、タンクを分離するのは諦めました(つo`)

クラッチマスターシリンダーのオーバーホール 239309km_c0118867_21184965.jpg
 ペダルとの接続部分のナットを緩めロッドを外し、さらにグロメットを外します。
 グロメットを外すとサークリップでロッドが抜けないようになっているので、サークリップペンチでサークリップを外し、ロッドを抜きます。

クラッチマスターシリンダーのオーバーホール 239309km_c0118867_2118657.jpg
 ロッドが抜けたらそのままピストンを抜きます。
 マスターシリンダーやタンクをパーツクリーナーでしっかり洗浄します。
 マスターシリンダーの内壁にうっすらと傷が見えますが、多分大丈夫でしょう(゚∀゚)

 洗浄が終わったら組み付けに取り掛かります。
 マスターシリンダーの内側にグリスを塗ります。万能グリスが見当たらなかったのでシリコングリスを塗っておきましたf(^^;)
 シリンダーにピストンを組み込み、ロッドのワッシャーを交換し、ロッドを押し込みながらサークリップをはめます。
 ペダルとのコネクション部品を組み付けたら車体に取り付けます。

 ボルトやらナットやらクリップやらユニオンやらを組み付けたらタンクにフルードを入れてエア抜きを行います。フルードはブレーキフルードと同じものでOKです。手にあったのはかなり古いやつでしたが(笑)

 
クラッチマスターシリンダーのオーバーホール 239309km_c0118867_21183036.jpg
 エア抜きはリレーズシリンダーの近くにあるニップルにホースをつないで行います。ホースにはワンウェイバルブが付けてあるので一人でもエア抜きが出来ます♪ かなり面倒ですがOTZ

 タンクにフルードを補充しつつ、手でクラッチペダルを押したり引いたりしつつ、出てきたフルードを確認しつつでエア抜きをします。
 エア抜きが終われば作業完了です。心なしかペダルが軽くなったような??

# by atiks | 2014-12-02 21:56 | MR2〔メンテナンス〕
ミッションオイル交換 239013km
 というわけで、MR2のミッションオイルを交換です。(写真を保存しているPCが起動しないためとりあえず文章のみ)
 今回は少し奮発して(?)ワコーズにしてみました。
 オイルはRG-8090Rです。何社か調べてみましたが、このオイルだけフィーリング改善のために特殊添加剤配合と書かれていたのでこれにしました。おそらくモリブデン的なものだろうと予想w

 今回はDIYで交換します。
 ポンプが無いので、エンジンルームから長いホースを付けたジョウゴで流し込みます。
 ドレンプラグが24mmでしたが、手持ちの工具は19mmf(^^;)
 どうしたものかと考えていたら、ちょうど近所の人が来たので話をしたら借してくれましたwww

 先にオイルを入れる側のプラグを緩め、それからドレン側を緩めます。もし上のプラグが緩まなかったら走れなくなるので(((゜□゜)))
 エンジンオイルより粘度が高いため、オイル抜きはのんびり待ちます。
 オイルが抜けたらドレンプラグを締めて、自作ジョウゴの出番です。
 規定より気持ち少ないくらいしか入りませんでしたが、後ろしかウマを掛けていなかったので前傾したためと勝手に解釈w
 気にせずプラグを締めました(笑)

 それからしばらく走ってみましたが、確かにフィーリングというか引っ掛かりが改善されています。
 シフトアップではガリガリ鳴ることなくシフトが入っていきます。しかし、シフトダウンはやっぱりゲートに入らない・・・・・・。うまく回転をあわせると入るんですが、スムーズとは言いがたい。
 フィーリングの改善はされるけども、完治するわけではないってことですねf(^^;)

 とりあえず、これで街乗りは心置きなく走れるようになりました。
 しかし、このままではサーキットは難しいなぁ・・・・・・。

# by atiks | 2014-10-27 22:10 | MR2〔メンテナンス〕
ミッションの不調
 先日、某サーキットにフリー走行に行ってきました。
 いつも通り走行していたわけですが、15分ほど走行し、とあるコーナー手前で4速から3速にシフトダウンした時に手に違和感を感じました。
 3速への入りが少し渋かったのです。

 と言っても、たまに起こることだったので気にせずそのまま2速へ。
 そしたら『ガリガリガリッ』と盛大な音とともにノブが弾かれましたΣ( ̄□ ̄;)!!!

 コーナーはアウトまで膨らみましたが、なんとかコースアウトすることなく済みました。
 しかしダブルクラッチを使っても2速に入りづらい・・・・・・。エンジンをしっかりと吹かしきれていなかったのかもしれませんが、今までに無い症状です。
 コースの脇を走りスローペースでミッションの具合を確認。
 どうやら2、3、4速のシンクロがほとんど機能しなくなったようです(T_T)

 そのまま走行してみましたが、やっぱりシフトアップもシフトダウンも全然入りません・・・・・・。
 極端に遅く(待ち乗りレベル)走れば入りますが、エンジンを4000rpm以上回すともうダメOTZ

 次の枠はやめようと思いましたが、インターバルが短くキャンセルする暇がないf(^^;)
 ミッションオイルが高温になりすぎたのか? と思い、最初の方を少し休んでからコースインしてみました。

 が、やっぱり変化無し。
 何周か走ってみましたが、やっぱりダメ。

 しかし、ここで走行を止めちゃうと走行料金がもったいない(@o@)
 ということで、シンクロに負担が掛からないようなシフトチェンジを模索(笑)

 時折、スコッとノブが入るタイミングがあるんですが、どうやらヒールトゥーをした時のシフトチェンジのタイミングが遅いような感じ。もしかして、もっと煽りが必要なのかなぁ??
 とりあえずシフトチェンジのタイミングを少し早めてみるところを意識して走行。
 シンクロとギヤのボスに与えたダメージは半端なさそうですが(((゜□゜)))

 走行が終了し、帰宅時にもガリガリ言わせながらも無事自宅に到着。

 翌日、ミッションは痛めちゃったけど、その原因としてクラッチがちゃんと切れてないカモ? ということに行き着きディーラーに突撃。
 以前、リレーズシリンダの固定ボルトが脱落していたことがあったのですが、結果は特に不備はなさそうな感じでした。2本留まっているうちの1本は手が届かず確認できなかったのですが、クラッチを踏んでもらって見た感じではしっかりと固定されているようでした。

 ということで、残るはギヤオイルのキャパ不足かやっぱり運転がド下手だったかという2択になってしまいましたf(^^;)
 普段もMR2には乗っているのですが、今のままギヤをガリガリ鳴らしながら走行するのは精神衛生上よろしくないので、今度ギヤオイルを交換してみることにします。

 ミッションについては、今までなんとも無かったのですが、ここに来て急にダメになったのが疑問で仕方が無いです。
 今までもダメージを与えていて、とうとうこの日に限界を向かえたのか、はたまた僕の運転が荒っぽくなって潤滑が耐えられなかったのか・・・・・・。

 今使っているギヤオイルの商品説明を読む限りサーキット使用でも耐えれそうな気はしますが、気持ち温度レンジが低いと言えば低い気もします。
 願わくはギヤオイルを交換してシンクロが復活することを祈っています。


 ちなみにディーラーに行ったときに86をオススメされました(笑)
 まぁ、MR2も大分走行距離が伸びたしねぇf(^^;)

# by atiks | 2014-10-17 23:56 | MR2〔いろいろ〕
エンジンオイル交換 235026km
エンジンオイル交換 235026km_c0118867_13362049.jpg
 エンジンオイル交換の時期が来ました。今回は20L缶を購入してみました。
 テクノパワーの10W-40です。ガソリンエンジン専用ですがSN規格でした。
 高負荷でも耐えれるように温度レンジは40をチョイス。オイル缶にもターボ車と書いてあるので大丈夫でしょう。

 スロープで車体を上げて下からオイルを抜いて交換しましたが、こうも自分でやるとなると上抜き用のポンプが欲しくなってきますね。

# by atiks | 2014-09-26 13:41 | MR2〔メンテナンス〕